【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. 英バース タトゥーOKの温泉

英バース タトゥーOKの温泉

2016年03月11日

 年が明けていよいよ寒くなり、体が温泉を求めている。南西部のバースにある英国唯一という天然温泉施設に向かった。古代ローマ人の保養地として栄え、そこから名が付いた正真正銘の風呂(バス)の街だ。

 温泉といっても水着着用で、広さも深さもまるでプール。周りを見渡すと、ゲイカップルとみられる同性の2人組、そしてタトゥーを入れた人が少なくない。若者だけではなく、50~60代の女性も背中や腕に模様を彫っている。「入れ墨の方おことわり」の慣習がある日本の銭湯や温泉では、入浴を拒否されるのかもしれない。

 来日する外国人観光客のタトゥーをどう扱うか。そもそも暴力団などを排除し、他の客に迷惑がかからないようにするための「おことわり」だ。シールで隠せばOKという施設も増えているようだが、大きさの問題ではないし、一律の線引きでは解決にならない気がする。

 立ち湯につかって考えを巡らせていたら、だんだん寒くなってきた。お湯の設定温度は33.5度だそうだ。視界が遮られるほど湯気のたつ、熱い日本の温泉が、やっぱり恋しい。 (小嶋麻友美)

旅コラム
国内
海外