【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. バンコク 友情広げて架け橋に

バンコク 友情広げて架け橋に

2018年10月24日

 64のキラキラする瞳が並んでいた。8月下旬、「アジア高校生架け橋プロジェクト」で来日を控えた東南アジアの学生32人が、バンコクの在タイ日本大使館を表敬訪問した。

 日本政府が今年開始したプロジェクトは、日本語を学ぶ意欲を持つアジア20カ国の優秀な学生を無償で日本に招待。10カ月間、寮やホストファミリー宅に滞在しながら高校に通い、日本の若者と交流してもらう。

 表敬訪問したのはタイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムの16~17歳の男女。日本語教師を目指すタイのパッチャラー・パーラモン君(17)は「夢のよう。友人をつくり、生涯続く絆を結びたい」と流ちょうな日本語であいさつした。

 事業の実施団体「AFS日本協会」の加藤暁子理事長(59)は高校時代、米国留学で原爆投下の是非を討論することになり、英語で必死に被爆者の苦しみを訴えた経験を紹介。「平和のため、若い人たちが手を携えて」とエールを送った。

 プロジェクトは5年間で計1000人を対象とする。宗教や民族の違いを超え、友情の輪が広がる一歩になればと願った。 (北川成史)

旅コラム
国内
海外