【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】深海生物とウニ丼を模したデザート人気 南知多ビーチランド

【愛知】深海生物とウニ丼を模したデザート人気 南知多ビーチランド

ジャンル・エリア : グルメ | テーマパーク | 愛知 | 水族館 | 生き物  2019年07月18日

オオグソクムシとウニ丼をモチーフにした夏のスイーツ=美浜町の南知多ビーチランドで

オオグソクムシとウニ丼をモチーフにした夏のスイーツ=美浜町の南知多ビーチランドで

 南知多ビーチランド(美浜町奥田)内の「レストランザ・ビーチ」で、深海にすむダンゴムシの仲間「オオグソクムシ」とウニ丼を模したデザートが人気を集めている。9月1日まで。

 佐久間博三店長(43)が「お客さまをびっくりさせたい」と開発。大好きというオオグソクムシは、クレープの生地を6枚に切って並べて甲羅に。愛らしい目はノリで表現した。内側には、シリアルと濃厚なバニラアイスを詰めこみ、仕上げに果肉入りのマンゴーソースをたっぷりかけた。

 このメニューを開発中、「マンゴーソースがウニのように見えた」ため、しょうゆ代わりに黒蜜をかけ、シリアルとバニラアイスをご飯に、パッションフルーツ味の粒をトッピングのイクラに、それぞれ見立ててウニ丼のように仕上げた。佐久間さんは「家族や友達と一緒に味わって」とPRしている。

 いずれも各日10食限定。オオグソクムシは950円(税込み)、ウニ丼は900円(同)。(問)南知多ビーチランド=0569(87)2000

 (大槻宮子)

旅コラム
国内
海外