【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. コロナ禍での車検事情

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧

コロナ禍での車検事情

2021年2月25日

以前もこのブログ(→クリック)にグアムの車検について書きましたが、現在はコロナの影響でオンライン受付のみとなっています。
私の車は1月が更新時期なので、早速手続きをしてみました。まずは、車両保険を契約している会社にレジストレーション(いわゆる日本の車検)更新をする旨を電話します。保険会社は電話を切った後、20分ほどでコンピューター処理するとの回答でした。そして、毎回お世話になっている車の整備場でインスペクションをお願いします。ウィンカーやブレーキランプなどに支障がないかなどの簡単なチェックですが、コロナ禍のため、通常は係員が車を預かり行なう検査を、私が車内で指示に従い操作し、係員は外部から状況を目視し書類をチェックしていく方法でした。$15支払い終了。5分ほどでコンピューター処理するとのことでした。自宅に戻りGUAM TAXのサイトよりレジストレーション リニューに進み、登録番号などを入力。すでに保険が支払われていること、インスペクションが終了していることが証明されており、クレジットカードで$94の支払いをして終了。9日後にステッカーが郵送され、ナンバープレートに貼って完了。人との接触がごくわずかに限られ、役所で列に並ぶ必要もなく、スムーズでした。
コロナでいろいろなことが変わってきています。安全で便利ですが、60歳以上の人には、若者の手を借りないと大変な場合も多いかなとも思いました。

car insp.jpg
☆車のインスペクション。整備場内で検査員の指示でウィンカーをつけたりブレーキを踏んだりし、支払いも窓越しで。車外には一切出ませんがマスク着用が義務付けられています

Car.jpg
☆前年度のレジストレーションの書類の番号を入力、すでに保険会社や整備場からの記載もあり、そのまま支払いに進めます

plate.jpg
☆その後、新しい車検証がメールで送信され、印刷して車内に保管します。ナンバープレートに貼るステッカー、黄色は2021年1月まで有効、新しいステッカーは白色で2022年1月まで有効となります


← 前へ 一覧

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ