【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】北ア・笠ケ岳に馬の雪形 高山市上宝町、春の風物詩

【岐阜】北ア・笠ケ岳に馬の雪形 高山市上宝町、春の風物詩

ジャンル・エリア : | 岐阜 | 自然  2020年05月13日

笠ケ岳山頂付近に現れた馬の形の雪形=高山市上宝町蔵柱で

笠ケ岳山頂付近に現れた馬の形の雪形=高山市上宝町蔵柱で

 雪解けが進む北アルプス・笠ケ岳(2898メートル)の山頂付近に、馬の形をした雪形が現れた。麓の高山市上宝町では春の風物詩として知られ、農家たちに田植えの時季を告げている。

 地元の農業男性(75)によると、今年は4月末ごろから馬の耳や首が見え始めた。その後の降雪で一時姿を消したものの、数日前から全体像がはっきりと確認できるようになったという。

 残雪が織りなす巨大な白馬は、まるで町に向かって振り向いているよう。雪解けとともに形が崩れ、ついには消えてしまうが、6月初旬まで楽しめる。

 男性は23日の田植えに向け、トラクターで水田の代かき作業を進めている。「馬の雪形を見ると、いよいよ今年も農作業が始まるぞという感じがする。昨冬は雪が少なかったので田んぼの渇水が心配だが、一生懸命米作りに励みたい」と話していた。

 (横田浩熙)

 

写真

旅コラム
国内
海外