【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 花紀行
  4. 名古屋市「名城公園」のビオラ

コラム 花紀行

名古屋市「名城公園」のビオラ

名古屋市「名城公園」のビオラ

頬に吹きつける風の冷たさに、
冬の訪れを実感する時期となりました。

厳しい冬の寒さに耐えて咲く花の一つに
スミレ科の「ビオラ」があります。

名城公園の「花の山」に
ビオラがたくさん咲いていると聞き、
けなげな花たちの顔を見に出かけてきました。

↑園内マップ。
 公園のほぼ中央付近に「花の山」はあります。

↑園内の散策路も見どころいっぱい。
 葉が落ちた木々が多い風景に、
 サザンカの赤い花が温かみを添えてくれています。

↑木立の足元に広がるツワブキの群生。
 花はもう終わりかけのようですが、
 緑の葉っぱと黄色い花に心が明るくなります。

ほかに、
コフクザクラ や フユザクラ も
ちらほらと咲いていましたよ。

散策路を一通り楽しんだ後、
お目当ての花の山へ。

↑花の山です。

ビオラは1株1株が小さな花なので、
遠目には立体的に見えませんが、
鮮やかな絨毯が敷かれているようです。

ちょっと近づいてみると…。

↑風車との組み合わせが
 なかなか「サマ」になってます。

↑小さな花なので、鳥に荒らされないよう、
 テグスが張り巡らされています。

「鳥が花を食べるのかな?」と不思議に思いましたが、
実際にすぐ近くのテグスのない場所の土を
カラスがくちばしで掘り起こしているのを見て、
腑に落ちました。

公園の方にうかがったところ、
「花の山」に植えられているビオラは、
全部で6300株とのこと。

色は、青紫と黄、オレンジの3色です。

↑手と大きさを比べてみると、こんな感じ…。
 こんなに小さいのに、寒風吹きすさぶ厳しい冬の間、
 ずっと花を咲かせ続けるのです。

↑黄色のビオラ。
 とっても鮮やかな花色で、見ていると元気をもらえます。

↑オレンジ色のビオラ。
 ほっとするような、優しい気持ちになれる色ですね。

ビオラは寒さに強く、
霜に当たっても枯れないそうで、
春先まで長く花を楽しませてくれます。

冬の太陽をいっぱいに浴びて、
生命の持つ力強さと美しさを証明しているようにも見えますね。

フラワープラザの南側にあるモデルガーデンでも、
元気に咲いている花たちを見ることができます。

↑ここでも、ビオラたちは元気。

↑スイセン。
 花冠が小さめで白いので、ホワイトペーパーでしょうか。

↑ラナンキュラス(左右のオレンジと黄色の花)と
 スイートアリッサム(手前の白い花)。

↑ワスレナグサ。

初冬というのに、
なかなかに彩り豊かな世界が広がっています。

ほぼ終わりを迎えている秋の花たちの中にも、
まだ美しく咲いているものがちらほら。

↑ジェントル・ハーマイオニー。
 秋バラの名残り。

↑コスモス。
 最後の力を振り絞っているような迫力がありました。

ほかにも、
ハボタンやノースポール、
サルビア・レウカンサといった
耐寒性のある草花が元気に咲いていましたよ。

身体が冷えたなと思ったら、
モデルガーデンに隣接するフラワープラザへ。

観葉植物がいっぱいのサニールームやカフェもあり、
ちょっとした休憩にうってつけです。

12月25日までは、
高さ3.5メートルのドイツトウヒを使った
クリスマスツリーやポインセチアが飾られ、
館内はクリスマスムード満点。

この時期、
けなげに咲く冬の花たちに元気をもらい、
温かなフラワープラザでクリスマスムードを楽しめる名城公園は、
結構穴場のデートスポットですよ。

取材日:2016年12月10日

DATA

名城公園

愛知県名古屋市北区名城1丁目2-25
TEL:052-913-0087(名城公園フラワープラザ)
※12月23日(金)~25日(日)は、名城公園フラワープラザにて「ウインターフェスティバル」開催予定
 ・23日:プチガーデン講座、冬の花物語(映像と音楽)
 ・24日:ミュージックベルコンサート、ビンゴ大会
 ・25日:缶バッチ作り、冬の花物語(映像と音楽)など
※名城公園フラワープラザは、毎週月曜日と、毎月第3水曜日、12月29日(木)~2017年1月3日(火)休館

交通アクセス

○公共交通機関
地下鉄「名城公園駅」2番出口から徒歩約3分。
○車
名古屋高速・黒川ICから南西へ約5分。
※有料駐車場あり
※土日は周辺の道路脇が駐車可能(区間等は要確認)

取材担当プロフィール

まころーど
名古屋生まれ、名古屋育ち。
季節の移り変わりを観察するのが大好きなアラフィフ世代。新聞記事制作や、出版社にてガイド本等の制作経験あり。
現在は、旅や町ネタに関する記事を執筆しています。観光や販促のお手伝いも。

旅コラム
国内
海外