【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 上海 資本主義はどこに?

上海 資本主義はどこに?

2009年11月02日

 ニューヨーク在住の友人に上海から久しぶりに電話をすると「米国がこんなに社会主義的とは思わなかった。競争しているのはウォール街だけだ」とぼやく。いわく、寡占状態の業界が多く、高くてダメなサービスでも利用せざるを得ない。いわく、組合が強力で、労働者の権利は日本以上に守られている。

 では、なぜニューヨークはそんなに発展しているのか。「幻想に引かれて、世界中の人が集まるからだよ」。日本は社会主義的だとしばしば言われるが、米国もそうなのか。てっきり、資本主義、市場原理主義が幅を利かせているとばかり思っていた。

 「今では、社会主義の中国が最も資本主義に近いのでは」と友人。確かに上海はどこもかしこも競争、競争。労働者の権利はないがしろで、資本家が優遇され、表面的にはそうも見える。ただ、不透明な規制が多く、公正な競争ではない。中国もやっぱり、資本主義とは言い難い。 (小坂井文彦)

旅コラム
国内
海外