【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ケープカナベラル 希望も祈りも乗せて

ケープカナベラル 希望も祈りも乗せて

2010年07月02日

 心臓が本当にバクバクした。山崎直子さんを乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げをフロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターで見た。あんなとてつもない人造物が宇宙へ行く、しかも人間が乗っている。発射時の爆音と炎はすさまじく、この世の物とは思えない恐ろしさと美しさに思わず涙が出た。

 今年で退役するシャトル。すでに130回以上、人間を宇宙に打ち上げてきた。過去、爆発事故と空中分解事故に見舞われ、14人の飛行士が亡くなった。人が宇宙へ行くのは命懸けだ。山崎さんも飛行前に遺書を書いたという。

 日本女性初の宇宙飛行士向井千秋さんは「私の母は打ち上げの時、秒読みが始まったら恐怖で泣いてしまって上を向けなかった」と振り返る。山崎さんの両親もどれほど心配で張り裂けそうな気持ちで、娘の姿を見守ったことだろうか。多くの困難を乗り越え、笑顔で宇宙へ行った山崎さん。活躍を心から応援したい。 (加藤美喜)

旅コラム
国内
海外