【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ベルリン 失業対策にフン慨も

ベルリン 失業対策にフン慨も

2010年07月20日

 8%超の失業率が下がらないドイツ。対策は“半永久的な課題”だ。

 失業保険で給与の60%以上を1年間受給でき、その後も税金が財源の生活保護がある。18歳以上で生活費として月額359ユーロ(約4万5000円)。そのほかに家賃と暖房費。家族、子どもがいれば相応分が出る。

 支援の一方で失業者を有効に使う政策提案も。野党緑の党の議員が、ベルリンで犬のフンを始末しない飼い主に警告する係を月額1000ユーロで雇おうと提案した。確かに「犬天国」のベルリン。マナーの悪い飼い主のせいで地雷原のような地区も。

 議員は「2匹のハエを1つのハエたたきで取れる」と、失業者活用と街の美化の一挙両得を主張した。しかし「係を雇う金で飼い主にフン袋を配った方がよい」と、党内からも反発の声。

 ちょっと待て。飼い主にマナーを守らせる政策が先では?

 (弓削雅人)

旅コラム
国内
海外