【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. イタリア・タオルミナ ここに来た意味は?

イタリア・タオルミナ ここに来た意味は?

2017年07月25日

 イタリアのシチリア島タオルミナで開かれた先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)は、自国の利益を優先する米国第一主義を掲げたトランプ米大統領が、貿易問題や地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」、移民・難民対策で、どんな発言をするかが世界の関心事だった。

 だが、トランプ氏に同行したマクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らの記者会見で、米メディアの質問はロシア政府による昨秋の米大統領選への介入疑惑に集中。サミット関連の質疑もそこそこに、米記者らは「クシュナー上級顧問がロシアに秘密の通信回線を求めたのか」「ロシアとの関係をどう思うか」とただした。

 マクマスター氏らは「何もコメントするつもりはない」「今回の外遊について話したい」と繰り返し回答を拒否。ロシア疑惑を巡る押し問答が続いた後、会見は打ち切りとなった。

 美しい地中海が眼前に広がるシチリア島は、中東やアフリカから欧州へ向かう人の玄関口でもある。イタリア政府は移民・難民問題に目を向けてもらうことを狙って開催地に選んだが、米メディアの関心は想像以上に内向きだった。 (後藤孝好)

旅コラム
国内
海外