【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】勧進帳 大空の舞台へ 記念塗装の2機公開

【石川】勧進帳 大空の舞台へ 記念塗装の2機公開

ジャンル・エリア : まつり | イベント | 乗り物 | 石川  2018年09月14日

ドラゴンのうろこが描かれた303飛行隊の機体(左)と、弁慶や富樫が描かれた306飛行隊の機体=小松市の小松基地で

ドラゴンのうろこが描かれた303飛行隊の機体(左)と、弁慶や富樫が描かれた306飛行隊の機体=小松市の小松基地で

17日 小松基地航空祭

 小松市の航空自衛隊小松基地が、17日に同基地で航空祭を開く。13日には記念塗装機2機を公開し、当日のプログラムや見どころを発表した。航空祭は昨年は台風の影響で中止しており、アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」などが、2年ぶりとなる祭典を盛り上げる。(青山直樹)

 記念塗装の2機は303、306両飛行隊のF15戦闘機。飛行隊内の公募で決まったデザインを、整備隊員が垂直尾翼や側面などに塗装した。

 303の機体は、部隊マークであるドラゴンのうろこを、側面や垂直尾翼などにあしらった。306の機体は、歌舞伎「勧進帳」に登場する弁慶と源義経、富樫左衛門の顔を垂直尾翼に大きく描いている。両機は航空祭で急上昇、急旋回などの機動飛行をする。

 航空祭は午前7時45分から午後3時半まで。最大の見どころとなる「ブルーインパルス」は、午後1時に離陸して曲技飛行を披露する。機体や装備品の展示に加え、多彩なステージイベントが航空祭を盛り上げる。

 当日はJR小松駅と市役所周辺、鉄工団地、串工業団地の3カ所の臨時駐車場(午前4時半~午後5時半)から、シャトルバスが会場まで運行する。基地の広報班は「ブルーインパルスはもちろん、F15戦闘機の迫力ある飛行を見てほしい。少しでも基地を身近に感じてもらえれば」と話している。

旅コラム
国内
海外