【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 猫さんを探して
  4. 猫寺へ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
猫さんを探して国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

猫寺へ

2013年9月 8日

猫寺を目指しての日帰り旅行なのですが、18切符での旅ということもあり寄り道です

体験型観光農園ローザンベリー多和田。出来てから2年くらいの新しい施設みたいです。

ローザンベリー多和田534.jpg

猫さん居そうな感じもちょっとしてたんだけど・・・石化されてました!泣

 

ローザンベリー多和田535.jpg

ひまわり迷路は圧巻

 

ローザンベリー多和田536.jpg

羊に触れることもできます。これは、、、草待ちの予感。

 

ローザンベリー多和田537.jpg

満足すると日陰へ帰っていきます
ちゃんと休むところがあるのが良いねb

 

ローザンベリー多和田538.jpg

バーベキューの野菜は自分で収穫体験です。

 

ローザンベリー多和田539.jpg

自然豊かな感じがしますね
こういう所が好きなので寄り道してみました。

 

ローザンベリー多和田540.jpg

・・が、あまりに暑すぎて熱中症も心配な感じになってきたのでカフェで回復
ブルーベリーはきっとここで採れたものですね。ローズのゼリーがいい味出してました。
さわやか系パフェb

再び電車に乗って移動し、目的地へッ!

 

猫寺541.jpg

こ・・・・これは・・・!!

 

猫寺542.jpg

群れを超え集落です
次週に続きますb

お寺でお世話をされている猫さんたちなのですが、お寺の名前を出さないということで掲載許可を頂きました。
理由は想像通りかと思いますが、名前を出すと捨てに来る人が増える可能性が有るからです。
(最近も実際あったのだとか・・・)

「世話してくれる人がいるところだったら生きていけるだろう」そんな気持ちで捨てに来るのでしょうか?
個人的にはそれを愛情とも良心とも呼びたくない

最後のときまで一緒に居るつもりで飼うものだと思うし、どうしても無理なら信頼できる里親さん探さないと!!

何はともあれ、たくさんの命を繋いでいただいている皆様に感謝です。

撮影:2013年7月28日

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

ねこせんせい

インターネットプランナー。大阪府在住。
ゲーム好きゆえ休日はだいたい廃人だが、猫への愛はひと一倍。
猫のために生き、里親になった家猫とともに暮らしている。
猫になつかれるための努力も欠かさず、散歩や旅の途中で出会った外猫が無防備な姿を見せてくれる瞬間が、至福のひととき。
将来の夢は、猫に囲まれてのんびり暮らすことと、外猫へのあたたかな視線が地域へ広がること。

コメント(20)

前のうちの近所のお寺にもよく捨てられてたみたいです。
ただ、世話するときりがなくなるからか、放置されていて、
がりがりの去勢されたおじいちゃん猫、近所のボランティアさんと
保護して病院に連れて行ったけど、衰弱して永眠してしまいました。

お寺だと大丈夫そうとか、公園なら生きていけそうとか、
勝手なイメージで置いてくのはほんとうに、思い込みですね. . .
違うのに。
お寺も、世話されることを決めてるところはこんなにいるんですか. . .
口コミで捨てに来るのかとおもうとがっくりします。
飼えないなら、どうしてもだめなら次のうちはちゃんと見つけてあげないと。

めんまねえちゃん | 2013年9月 8日 09:01

アラー、ネコさんの大群!
それもみなさん首輪をしてもらって毛艶もよくて・・・
幸せなネコさんでうれしい限りです。

さすが、お寺さん。
命を大事にすることを実践なさっているのですね。
ありがとうございます。

ねこおばさん | 2013年9月 8日 11:40

ねこせんせい、こんにちは。
ネコさん大好きですが、動物全般愛おしいので、今回はテンションかなりあがりました!
最後の集落には思わず声がでました!
集落右端でオタケビ?遠吠え?あくび?の白猫さんに釘付けです。

手放すという選択肢があることに理解ができません。
ごめんね、ごめんねって思います。
こういうお世話をなさっている方々には頭がさがります。

うさぎ | 2013年9月 8日 12:22

ねこせんせいこんばんは。
大雨や竜巻、、、ねこせんせいの住んでる地域では大丈夫でしたか?

ねこさん達の写真、すごーーーーい!!!と思い、何匹いるんだろう?と思わず数えてしまいました(^-^;)
しかし・・・、ねこせんせいの文章を読んでのほほんとしてられないなぁと感じました。
家の近所のお寺にも捨てに来る方がいるそうです。
ここなら大丈夫!と段ボール箱にいれて仔猫をそのままドンと。。。
お寺の奥さんから聞いたことがあります。
ねこせんせいのおっしゃる通り、愛情でも良心でもありません!!!!!
場所がどこであれ『命』を捨てているんです。
そんな人、自分も同じ目に遭えばいいんです!
そうでもしないと分からないんですよ!(興奮してしまいました。スミマセン)

でも、ねこさん達が元気で仲良さそうで嬉しいですね。
このような方がたくさん増え、動物と人間が仲良く楽しく家族として暮らすことが出来ればイイナと常に思います。

seri | 2013年9月 8日 22:12

ねこせんせい、こんばんは

涼しげなベリーパフェにもドキッとしましたが☆
猫ちゃんの大群には「溺れたい〜」っと(笑

私の実家も田舎の小さな漁港のそばにあり
漁港なら猫の好きな魚にありつけて生きていけると思う人が居るのか
たくさん捨て猫がいます。
時々そのなかの仔が実家に寄り付いては、これまた猫大好きの母を困らせてます。

私も捨てることは殺すことと同じだと思います。
自分の目の前から居なくなったらそれでいいのでしょうか。

このお寺さんやねこせんせいのような方々に本当に感謝します。

chichiri | 2013年9月 8日 22:46

ねこせんせい、こんにちは。
ひまわり、羊さん達、かえるさん、ほのぼのコマの最後に衝撃的な結末!
いやー、そのお寺の住職さんには感謝しますが、「動物を捨てるのは犯罪です!!!!」

捨てに来る人達に”いずれ、あなたは、同じ目に遭いますよ”と説法として張り紙をして頂きたい。

yuri | 2013年9月 9日 12:41

猫寺…去年行ってきました!猫まみれになりたくて(^^;
見事にまみれてきました。
頭付き猫に、まとわり猫、そばに居ればそれでいい猫。さまざまですが、みんな慣れていておとなしいです。また行きたい気分がムラムラと湧いてきます。
うちのお猫様には、留守番をしてもらって…浮気しに行きたいです!
猫募金のお返しに貰った猫タオルは、トイレのインテリアになっています。

みーやん | 2013年9月10日 01:23

ねこせんせい、こんにちは。毎回読みつつもコメントはご無沙汰していました。

『ねこ注意』の後の写真…笑!
いや笑うところではないかもしれないけどインパクト特大でした。
みんな元気そうな姿に見えます。しっぽ立ててご機嫌な子も寝そべってリラックスの子もいますね。
ここは知る人ぞ知る場所なんでしょうね。
せんせいは仕事で(プライベートでも?)あちこちで猫さんとたわむれる事が出来て羨ましい!
楽しいことばかりじゃないと思うんですけど、私もここでいろんな猫さんに会えて楽しんでます☆

三毛とアメショーもどき。。。 | 2013年9月11日 15:09

せんせい、緊急事態です。
長くなりそうです。
今も、うちの下で仔猫さんが鳴いています。
今晩8時頃に聞こえ始めて、その時は1筋裏で、先日せんせいが保護された福くんと同じくらいの大きさの黒猫さんを発見しました。
話しかけると精一杯に返事をしてくれますが、やはり声の主が人間だとわかるとかなりのスピードで逃げてしまいます。
人様のお家の庭に逃げ込んでしばらく出てきてくれなかったので、その時は後ろ髪引かれながら一旦うちに帰りました。
11時半頃、また聞こえ始めて、今回は真下にいるようで、降りてみると、同じように気になって探しているお兄さんがいました。
捕まられたら、お兄さんのところで1時預ってもらって、かかる費用は折半にしましょうとお話して、お兄さんと協力して捕まえようとするも、逃げ足の早さと、小さすぎて、そこ? というような隙間からすり抜けてしまったりで。
小一時間後、追い詰めたのですが、あとちょっとで届かず、話しかけると答えるものの、手を伸ばすと唸って威嚇され、怖い思いをさせ続けてしまいました。私は猫と暮らした経験がほぼないのですが、お兄さんは有り、しかも数年前には捨てられていた子たち4匹を里子に出した経験もあるそうです。お兄さんのここは一旦諦めましょう、で解散しました。
せんせい、今も心細そうにないてるんです。
この近所は外猫さんが割といるのですが、黒猫さんはあまりみかけません。
あれだけ鳴くということは、やっぱりお母さんを呼んでるんですよね?
あと私に何ができるのでしょうか?

うさぎ | 2013年9月14日 02:08

せんせい。
夜中にパニックなご相談をしてしまいました。
びっくりなさいましたね。すいません。
報告ですが、結局何もできませんでした。
次の日は朝から、万端ではないですがある程度準備をして、探しにいきましたが、
みつかりませんでした。
台風が上陸するということだったので、なんとしても、と思っていろいろ歩いてみましたが、会えませんでした。
先日の数時間での黒猫さんの移動距離は半径150mほど。
あの小ささでかなりの距離なんじゃないか、それだけ緊迫していたんだ、と思います。
ただ怖がらせて、追い回しただけで、本当にかわいそうなことをしました。
角に追いやって、十数センチで届きそうだった時、万が一お母さんがいたら、人間の匂いがついたらアウトなんだよな、とためらいました。
結局届かなかったのですが。
無知だったことも合わせて反省と後悔です。
せんせい、ありがとうございます。

うさぎ | 2013年9月15日 22:44

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ