【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From仙台 東北女の丸かじり!!
  4. 天文台で月食観察

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From仙台 東北女の丸かじり!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

天文台で月食観察

2011年12月17日

12月10日は、日本全国で皆既月食を楽しむことができましたね。

みなさんは、どの空を眺めていたのでしょうか?
私は、仙台市天文台に、いつもの"ぶらっ人パートナー"である息子を伴い行ってきました。
 
P1160569.JPG
 
天文台展示室です。600円の入場料を払って、
宇宙の仕組みを学べます。どうです?この美しい地球の姿!
 
P1160570.JPG
手前にある大きな恒星が、太陽です。
ここでは、太陽系の惑星の並び方や自転・公転について学べます。
P1160572.JPG
 
半立体の地球。質量や重力などの説明が分かりやすく記されたパネルです。
P1160574.JPG
 
こちらは、日食の説明。日食がどのように起こるのか、ボタンを押すと
ピカッと太陽が光り、即席の日食が出来上がります。
 
P1160575.JPG
上を見上げれば、木星、土星が...。
P1160578.JPG
売店も充実のラインナップ。これは宇宙食です。
TAKOYAKIなんてものやバニラアイスまで! フリーズドライされたアイスに興味津津では
ありましたが、購入までは至らず...。
P1160579.JPG
宇宙飛行士のペン。これはカワイイ。
P1160580.JPG
これは、旧仙台市天文台の望遠鏡。
ここは、2008年にリニューアルオープンされたのです。
さて。月食まで時間があるので、しばし食事などに出かけ、夜に戻ってくると参りましょう。
 
P1160546.JPG
ということで、夜です。
すっかりあたりは暗くなっております。
私たち親子は、「望遠鏡を作ろう」というワークショップに参加しました。
P1160541.JPG
 
先着30名に漏れてしまったため、
先程の売店で
1500円のキットを購入します。
 
これを各自作って、
今日の月食を観るのです。
 
天文オタク&
ガンプラ好きの息子は、
こういった作業が大好き。
テンション高く
望遠鏡づくりに励んでおりました。
 
 
望遠鏡完成後は、
天文台望遠鏡で、
アンドロメダ星雲を観てきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P1160542.JPG
 
午後9時30分、月食観察会の始まりです。
「三脚がないと、うまく合わせられないな」などどブツブツ言いながらも、
一生懸命月を探す息子。ほかのお子さんたちも、一様に望遠鏡で月を追いかけていました。
P1160551.JPG
 
月食の始まりです。
P1160553.JPG
 
月がほぼ隠れた午後11時30分ころには、残念ながら空が雲に覆われてしまいました。
それでも、11年ぶりだという皆既月食を、11年前に生まれた息子とともに
みることができたのは、とてもよかったです。
 
以上、天文台で月食を観るの巻きでした!
 
仙台市天文台では、毎週のようにさまざまなイベントを行っています。
みなさまもどうぞ、仙台市天文台にお越しくださいませ。
 
 
 
 
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

岡沼 美樹恵

高校生の時に仙台の地を踏む。当時”ガンズ・アンド・ローゼス”のギタリスト・スラッシュのヘアスタイルにするほどロックにのめり込む。
大学卒業後、東京での出版社勤務を経て、仙台でフリーライターに。
テレビ誌、地元情報誌などでアーティストインタビュー、映画レビューなどを担当。ほぼ毎日のように届く音楽サンプルに埋もれ、あれもこれもと手を出すうちに、どんなジャンルが好きなのか分からなくなって、現在カオス状態。
かつては、かなりの酒豪を自認し、寝酒に焼酎をラッパ飲みしていたが、年齢とともに衰え、今では数杯で大トラに(まわりのみなさん、ごめんなさい!)。
趣味は、帽子集め&休日のお出かけ。
アウトドア、グルメなど楽しいことを求めて、愛車のマーチ号改め、ノートを走らせている。
夢は「世界グルメツアー」に出ること。
これでも一応、一児の母。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ