【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ベルリン おしりも凍る?寒さ

ベルリン おしりも凍る?寒さ

2019年04月04日

 最高気温が氷点下の「真冬日」になった日、ベルリン中心部の広大な公園「ティアガルテン」で小川が凍っているのを見つけた。ティアガルテンは、もともと王家の狩猟場。公園というより森だ。

 少し風もあり、顔がこわばるほど寒い。小川の氷は人が乗れるほどではなかったが、投げた石が氷の上を滑っていった。

 ドイツ語で「寒い」は「カルト」。寒さ厳しい土地柄からか、いろいろな表現がある。「ザオカルト」に「シュバイネカルト」。直訳は「雌ブタ寒い」に「ブタ寒い」。なぜブタなのかは分からないが、「ザオ◯◯」は日本語の「超◯◯」みたいな感じでよく使われる。

 思わず噴いたのは「アルシュカルト」。支局スタッフに「親しい人にしか使わないでくださいね」と忠告された。「アルシュ」は「ケツ」という意味の俗語で、辞書には「くそ寒い」とあった。なるほど。

 気象局によると、ベルリンの観測史上最低は氷点下18.7度。北米は記録的な寒波に見舞われたが、真冬日はあってもベルリンは例年に比べ暖冬。今年は「ケツ寒い」を使う機会はなさそうだ。 (近藤晶)

旅コラム
国内
海外