【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル おひとりさまが人気

ソウル おひとりさまが人気

2020年05月15日

 韓国では、食事は「大勢でにぎやかに」が当たり前だったが、最近はその文化も変化してきている。ファストフード店やコンビニなどでは1人で食べている若者の姿を見かけることも増えた。

 「ホンパブ(ひとりごはん)」という言葉も定着し、そこには日本のドラマが一役買っている。主人公の男性が出張先で食べ歩く「孤独のグルメ」だ。1人でひたすら食べまくるというストーリーが新鮮に映ったようで、ケーブルテレビで放送が始まると徐々に人気が拡大。友人も「毎回楽しみにしている。本当においしそうに食べるので見ていると食べたくなる」。

 「韓国出張編」も制作され、そこに登場したソウルの焼き肉店に足を運んでみた。店の看板には主演俳優の大きな写真。中心部から外れた場所にあり、隠れた地元の名店といった雰囲気の小さな店だが、放送後は1人で来る客が増えたという。

 ただ、多くの焼き肉店と同様、肉の注文は2人前から。もちろん、キムチなどおかずも豊富に付いてくる。3人で4人前食べたが、それでも十分。1人で行くとおなか回りが心配になるのは間違いない。 (中村彰宏)

旅コラム
国内
海外