【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. 米デモイン 目前にある民主主義

米デモイン 目前にある民主主義

2020年06月24日

 あまりに開放的で驚いた。米大統領選に向けた野党民主党の候補者選び初戦、中西部アイオワ州の党員集会で、集会の現場を取材した時のことだ。

 党員は州内約1700カ所の会場に集まり、公開で議論しながら支持する候補を決める。州都デモインの会場の一つを訪れると、自分以外にもさまざまな国の記者が来ていた。

 記者たちは初め、はたから見ていたが、近づいても誰も止めない。集会の最中にもかかわらず、すぐそばで写真を撮り「今からどの候補に乗り換えるの?」「なぜその候補を支持するの?」などとインタビューを始めた。党員たちも快く応じていた。

 目の前では「サンダース候補は変革の運動を生み出せる。こちらへ来てください」「でも、彼は失敗すると思うから別の候補にするわ」など、生々しいやり
とりが繰り広げられていた。

 誰がどの候補を支援しているか丸見え。時間も手間もかかるが、話し合いで決める民主主義の素晴らしさを感じた。しかもアイオワは大統領選の皮切りで全米の注目を浴び、12億円ほどの経済効果もあるという。メリットもしっかり確保しているようだ。 (金杉貴雄)

旅コラム
国内
海外