【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 秋の収穫芸術祭
秋の収穫芸術祭

秋の収穫芸術祭 台湾・池上郷 田園に響き渡る歌声

田園のステージで衣装を風にたなびかせながら歌う斉豫さん。美声が空に溶けていくようだった

田園のステージで衣装を風にたなびかせながら歌う斉豫さん。美声が空に溶けていくようだった

 私は今、どこにいるのだろう。見渡す限りの黄金色。稲穂の海にぽつんと浮かぶステージ。3000メートル級の山々をバックに響き渡る歌声。どこか、別の時代に連れて来られたような不思議な感覚に包まれた。

 オンライン宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」が「世界で訪れたい新興10大都市」の一つに選んだ、台湾東部の台東県。その県内にある池上郷(町に相当)で、2009年から毎年開かれている「秋の収穫芸術祭」を見ようと訪れた。

 台湾の有名歌手や舞踏家らを招くコンサート。今年は、台湾のグラミー賞といわれる金曲奨の受賞者で少数民族プユマ族の歌手・陳建年さん(52)と、台湾のレジェンド歌姫・斉豫さん(62)が参加した。カントリー調の陳さんの曲は、風景をそのまま音符にしたような美しさ。斉さんの歌声は力強く、それでいて心に染み渡る。あえて例えると、夏川りみさんの「涙そうそう」を草原のステージで聞いているようだった。

 
一帯は観光客の車は立ち入り禁止。レンタル自転車や地元ガイドの案内でゆったりと田園を楽しむ

一帯は観光客の車は立ち入り禁止。レンタル自転車や地元ガイドの案内でゆったりと田園を楽しむ

 誰もが郷愁の念を抱くような池上郷は、海外メディアの間で「最もローカルで、最もインターナショナルな景色」と評価が高まっている。コンサートは「天然のステージ」と称されるが、実はそうでもない。

 175ヘクタールに及ぶ田園は、電柱を1本残らず引っこ抜き、1枚のじゅうたんのような景観を作り上げた。一帯で栽培している米の銘柄は30種類に分かれ、本来は収穫期が異なる。芸術祭で一面の稲穂となるよう田植えの時期を調整しており、コンサートが終われば一斉に稲刈りを始める。町民や農民の裏方スタッフ的な努力でステージが成り立っている。

 台北市や高雄市など、台湾の大都市は西側に集中している。太平洋に面する東側は過疎に悩む。池上郷も戸籍人口は8000人だが、実際に住むのは4000人。そこで住民が考えたのが、農村の暮らしを生かした「芸術による町おこし」だった。

観光客でにぎわう池上穀倉芸術館

観光客でにぎわう池上穀倉芸術館

 「昔ながらのスローライフが残っているのが池上郷。世界がこういう場所を求めている。発展がないのが強みなんです」。そう語るのは「池上郷文化芸術協会」の梁正賢理事長(59)だ。

 梁さんは所有していた米蔵を「池上穀倉芸術館」に改造、アーティストの移住を奨励し、発表の場を与えてきた。秋の収穫芸術祭も町おこしの一環で、台湾では有名なイベントになった。仮設の客席は2500人で、ステージは2回だけ。チケットは毎年すぐ売り切れとなる。

 「これ以上、観客を集めると地元の文化が壊れてしまう。一時的にもうけるのが狙いでなく、池上ブランドのイメージアップが目的」と梁さん。実際、最近は都会から故郷に帰ってくるUターン組や、池上に移住しておしゃれなカフェを開くIターン組が増えている。

人気観光スポット「金城武の樹」。金城さん出演のCMに登場した=いずれも台湾・台東県池上郷で

人気観光スポット「金城武の樹」。金城さん出演のCMに登場した=いずれも台湾・台東県池上郷で

 イベントの時期に限らず、池上郷を訪れる観光客は多い。田園風景を巡るのなら、おすすめは自転車だ。

 人気スポットは「金城武の樹(き)」。台湾生まれの俳優、金城武さんが台湾の航空会社のCMに出演した際に登場した木として知られる。

 「昔は、農民たちが牛をロープで木に結び、木陰でお弁当を食べていたんです」。池上郷と一緒に芸術祭を企画している民間団体「台湾好基金会」の頼姿妙さんが説明してくれた。ずっと立っていれば、今もそんな光景が浮かんできそうだ。

 周辺は観光客の車は立ち入り禁止。確かに、ずらりと車が並べば景観が台無しになる。観光客はレンタル自転車や地元ガイドの案内で訪れる。ゆったりと、「何もない」ぜいたくさを味わえる。

 文・写真 平岩勇司

(2019年12月06日 夕刊)

メモ

地図

◆交通
台北・松山空港から台東空港まで約1時間(毎日6~7便)。
台東空港から池上郷まで車で約1時間、台東駅から池上駅まで列車で約50分。

◆問い合わせ
台湾観光協会東京事務所=電03(3501)3591。
秋の収穫芸術祭は来年も開催予定で、詳細は台湾文化センター=電03(6206)6180=へ。

おすすめ

池上弁当

池上弁当
湯葉づくし

湯葉づくし

★池上弁当
池上は台湾を代表する米どころ。
駅弁「池上弁当」はブランドになっており、台湾で弁当と言えば池上弁当といわれるほどの人気。
今は池上駅に限らず、町の中心部で多くの店舗がオリジナル弁当を販売。
記者が食べた弁当(80台湾元=約280円)は、鶏肉に山菜、味付き卵がご飯と調和しておいしかった。

★湯葉づくし
池上郷の中心部にある工場兼食堂「大池豆皮店」は午前6時台から営業。
手作りした湯葉(豆皮)や揚げ湯葉、湯葉のデザート(豆花)、豆乳などがその場で味わえる。
一通り食べても日本円で数百円ほど。
朝は湯葉づくし、昼は池上弁当がおすすめ。

★池上穀倉芸術館
池上駅近くにあり、米蔵を改造した美術館。
瓦屋根の古風な外観の建物で、自由な先端アートが展示されている。

自然・絶景の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

自然・絶景のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外