【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】ひな飾り、宿を華やかに 御嶽宿・伏見宿

【岐阜】ひな飾り、宿を華やかに 御嶽宿・伏見宿

ジャンル・エリア : まつり | イベント | 展示 | 岐阜 | 工芸品  2019年02月28日

立派な段飾りやつるしびな、刺しゅう作品が会場を彩る=御嵩町伏見の中山道ゆったり伏見宿で

立派な段飾りやつるしびな、刺しゅう作品が会場を彩る=御嵩町伏見の中山道ゆったり伏見宿で

 御嵩町の旧中山道沿いに春を告げるイベント「御嶽宿・伏見宿のひなまつり」が開かれている。町内の民家の軒先や店頭などを華やかなひな飾りが彩り、体験型イベントや茶会なども多数用意されている。3月17日まで。

 地域を元気にしようと、住民でつくる実行委員会が主催。町民から寄贈されたひな人形や町民が手作りしたつるしびななどが各所に飾られており、今回は御嶽宿周辺の31カ所に200点、伏見宿周辺の21カ所に80点が並ぶ。

 御嵩の主会場の1つである御嶽宿わいわい館では、可児市広見の鈴木美江子さんが集めている色とりどりの土びなや、天井からつるされた動物や果物などのつるしびなが喫茶スペースを明るい雰囲気にしている。伏見保育園の園児によるかわいらしい作品の展示や東濃実業高校の生徒が製作した木製の「顔出しパネル」も人気を集めている。

土びなやつるしびなで華やかな雰囲気の喫茶スペース=御嵩町御嵩の御嶽宿わいわい館で

土びなやつるしびなで華やかな雰囲気の喫茶スペース=御嵩町御嵩の御嶽宿わいわい館で

 伏見の中山道ゆったり伏見宿では、建物の管理団体が寄贈を受けた立派な段飾りが多数並び、ボランティアスタッフの刺しゅうで色鮮やかなボタンの花を描いた大型のびょうぶ作品も展示する。近くの一本松公園の建屋には、今年のラグビーワールドカップ開催を応援しようと人形を選手に見立てて試合会場を再現した作品など、遊び心あふれる展示も並ぶ。

 ゆったり伏見宿代表の藤岡マリ子さん(71)は「母屋の重厚な雰囲気と華やかなひな飾りのギャップや、クスッと笑える工夫を凝らした作品を楽しんでもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 期間中はイベントも多数ある。3月3日は御嶽宿わいわい館と中山道ゆったり伏見宿で茶会を開催する。予約不要で参加費300円。9日にはわいわい館で押し花アートの体験会を開く。要予約で5日までに申し込む。参加費は800円。このほか音楽会やマルシェなどもある。

 わいわい館は水曜休館。ゆったり伏見宿は火、木、日曜休館。その他の展示場所も休みで見られない場合がある。

 (問)事務局の町まちづくり課=0574(67)2111

 (織田龍穂)

旅コラム
国内
海外