【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】菩提樹の花見頃 鈴鹿の光明寺

【三重】菩提樹の花見頃 鈴鹿の光明寺

ジャンル・エリア : 三重 | 神社・仏閣 | 自然 |   2020年06月10日

強い日差しに緑陰が涼しげな菩提樹=鈴鹿市木田町の光明寺で

強い日差しに緑陰が涼しげな菩提樹=鈴鹿市木田町の光明寺で

 鈴鹿市木田町の光明寺で、菩提樹(ぼだいじゅ)の花が見頃となり、さわやかな香りを周囲に漂わせている。

 磐城直次住職(72)によると、この木の下で釈迦(しゃか)が悟りを開いたと伝えられることから、200年以上前の江戸時代に植えられ、今は市の地域景観資産に指定されている。真夏のような強い日差しに涼しげな木陰を広げていて、鈴鹿、四日市市にも住み、前住職と交流があった俳人山口誓子(せいし)(1901〜94年)の句碑「菩提樹の緑有縁(うえん)に蔭与(かげあた)ふ」が傍らに立っている。

 今年の開花は4日ほど早めで、天候にもよるが14日ごろまで咲いているという。

 (酒井直樹)

旅コラム
国内
海外