【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】植物の竜 素材観察して 中央植物園 愛知の木村夫妻が置物

【富山】植物の竜 素材観察して 中央植物園 愛知の木村夫妻が置物

ジャンル・エリア : オブジェ | 富山 | 展示  2020年09月11日

多彩な植物で作製された竜の置物=富山市婦中町上轡田の県中央植物園で

多彩な植物で作製された竜の置物=富山市婦中町上轡田の県中央植物園で

 県中央植物園(富山市婦中町上轡田)が、ヒマラヤスギなどで作った竜の置物を同園内に設置している。多彩な植物を使って竜の特徴を細部まで捉え、来場者の目を引いている。

 作製したのは、愛知県長久手市の会社員木村公志(さとし)さん(49)、香さん(42)夫妻。竜のうろこはヒマラヤスギの球果をちりばめて表現し、爪と角はそれぞれトウガラシ、オクラを使った。高さは1.2メートルほどで、夫婦ともにアイデアを出し合いながら制作を進め、約1カ月かけて完成した。

 創作のきっかけは4年ほど前、公志さんが会社の美術展への出展を考えたこと。香さんが趣味で植物を使った工作をしていたことから、公志さんも次第に置物作りに取り組むようになった。

 県内在住の香さんの父親を介して、夫妻の創作活動が同園の中田政司園長の耳に入り、設置することになった。

 中田園長は「子どもたちが工作する際の良い見本になる」と話した。公志さんは「いろんな素材を使っているので、植物の特徴を観察してほしい」と期待を込めた。模型は当面の間、園内に設置される。 (山岸弓華)

旅コラム
国内
海外