【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】絵や文字をシルクスクリーン印刷 岐阜・柳ケ瀬のペンギンブーツ+

【岐阜】絵や文字をシルクスクリーン印刷 岐阜・柳ケ瀬のペンギンブーツ+

ジャンル・エリア : イベント | 岐阜 | 芸術  2021年01月21日

シルクスクリーンの体験を呼び掛けるすぎやまさん(右)=岐阜市日ノ出町で

シルクスクリーンの体験を呼び掛けるすぎやまさん(右)=岐阜市日ノ出町で

 孔版画の技法「シルクスクリーン」で、バッグやシャツ、看板などに好きな絵柄や文字を手軽に印刷できる店「ペンギンブーツ+(プラス)」が、岐阜市中心部の柳ケ瀬商店街にあるロイヤル劇場ビルにオープンした。運営するイラストレーターのすぎやまえみこさん(53)は「ものづくりの面白さを知ってほしい」と体験を呼び掛けている。 (稲田雅文)

 シルクスクリーンは薄いメッシュ状の版に、専用の機械でデザインに応じた穴を開け、インクをすり込んで印刷する。ペンなどで書いた絵や文字のほか、画像データから製版できる。

 30分程度で、布製品や板などに絵柄を印刷し、オリジナルのグッズが作れる。

 子どもたちをはじめ、多くの人に気軽に体験してもらおうと、体験プランを用意。最も小さいサイズ(20センチ×8センチ)で、税込み1500円から始められる。

 店内でTシャツやバッグなどを販売しているほか、持ち込んだグッズへの印刷も可能。ロゴ入りのグッズや看板を製作したい事業者向けに、すぎやまさんらがデザインの相談にも乗る。

 絵柄が入った布から缶バッジを作るワークショップも提供している。すぎやまさんは「柳ケ瀬商店街の中で、ものづくりをする人でにぎわう場所にしたい。気軽に寄ってもらえたら」と話す。

 営業時間は午後1~6時。水、木曜休み。

 (問)ペンギンブーツ+=080(7219)9748

旅コラム
国内
海外