【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. ヨーロッパ
  5. ウィンブルドン 場外が支える夢舞台

ウィンブルドン 場外が支える夢舞台

2009年09月25日

 テニスのウィンブルドン選手権はロンドン郊外のオールイングランド・クラブが舞台だ。当日券を求めて朝8時半に並んでみた。この日の試合は正午始まりだった。

 会場隣の公園を埋め尽くすように入場待ちの列が延びていた。手渡された整理券は一万番台だ。「行列の仕方」という冊子も配っている。「横入りは厳禁」「バーベキューは禁止」とおせっかいな中身。地元客は慣れたもので、皆、芝に寝そべって日光浴を始めた。

 3時間待っても数メートルも進まない。8時間後、夕方4時半に入場口にたどり着いた。お目当ての試合は終わっている。

 英国人は言う。「待つ楽しみもウィンブルドンさ」。振り返ると列はまだ何100メートルも続いていた。日暮れまでに入場できない人もいるだろう。王室席がある華やかなセンターコートのテレビ中継には映らない、一般ファンが大会の人気と伝統を支えている。 (松井学)

旅コラム
国内
海外