【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ボルティモア 壁を壊す工夫に期待

ボルティモア 壁を壊す工夫に期待

2009年12月13日

 女性の指揮者など、もう世界中で珍しくないが、米国の主要オーケストラで女性が初めて音楽監督に就任すると騒がれたのは、つい4年前のことだ。

 どのオケを「主要」と呼ぶかは意見が分かれるにせよ、確かにボルティモア交響楽団は世界的な水準にある。2年前に正式に音楽監督となったマリン・アルソップさん(53)の活躍ぶりを時々、聴きに行くのが楽しみだ。

 当初は、楽団員の多くが就任に反対したと伝えられたが、本拠地のホールでは、彼女が舞台に登場するだけで客席から歓声が飛ぶ。

 先日は、ハンガリー出身のバルトークを取り上げた。東京では人気の作曲家だが、アルソップさんは「(米国では)なじみが薄い」として、演奏会の冒頭、作品の土壌となった中東欧の民俗音楽を専門のグループに演奏してもらい、聴衆の関心を引く工夫をこらした。その地域の移民の子孫も多い米国なのに「女性初の…」と同様に意外な壁があるようだ。 (嶋田昭浩)

旅コラム
国内
海外