【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中国
  5. 上海 燃え上がる春節の夜

上海 燃え上がる春節の夜

2011年03月17日

 爆音とともに、夜空を閃光(せんこう)が走った。地響きの中、自宅マンションの窓を火玉がたたいた。次の瞬間、向かいのビル屋上から炎が上がった。

 紛争地ではない。いたって平穏な上海でのことだ。春節を迎えた3日午前0時。魔よけの爆竹と花火が一斉にはぜた。

 中国では、その爆竹と花火が社会問題化している。ビルの高層化が進んだが、市民が構わず花火を打ち上げるため、火災が頻発している。

 都市部では、春節前後だけで数百件の火災が起きる。上海市も都心を花火禁止地域に指定しているが、効果はないようだ。

 「青年報」という新聞社も入る自宅向かいのビルは、屋上の鉢植えとごみが焼けただけで何とか難を逃れた。

 農村部では、肥だめにたまったガスに爆竹が引火し、新年早々に地獄絵図と化すお宅もあるとか。

 騒ぎが収まり、眠りについたのは、午前3時ごろだった。 (今村太郎)

旅コラム
国内
海外