【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ 外出禁止の楽しみ方

カイロ 外出禁止の楽しみ方

2013年11月08日

 普段は眠らぬ街が、夕方になるや、ゴーストタウンとなった。

 政情が混乱するエジプトの首都カイロ。8月14日以降、午後7時から翌朝午前6時までの夜間外出禁止令が出され、苦労した。

 日中はデモや当局の取材に振り回され、帰宅は夜7時の直前。飲食店や食品店はとっくに閉まっている。カップめんの世話になる夕飯が、数日続いた。

 カイロっ子は宵っ張りだ。深夜まで、カフェや買い物を楽しみ、街じゅうが車のクラクションで騒々しい。外出禁止令はそんな暮らしを大きく変えた。

 夜開くのが慣習の結婚披露宴は真っ昼間に。流通が滞り、物価が上昇した。日中働き、夜にアルバイトで収入不足を補う貧しい人々は、打撃を受けた。

 だが、自宅に閉じ込められても、楽しみを見いだすのが、カイロっ子でもある。「外出禁止令で得られた私の新たな発見」を募るインターネットのサイトが、人気となった。

 「夜の外出で無駄遣いしなくなり、私の給料はそう悪くないと判明した」「夫や子の帰宅が予想できて感謝」「私は、3人兄弟と思っていた。久しぶりに家で過ごし、もう1人弟が生まれていたと分かったよ」・・・。

 禁止令は徐々に緩和され、街はにぎわいが戻ってきた。このしたたかな人々なら、いつか困難を乗り越えると信じたい。 (今村実)

旅コラム
国内
海外