【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ W杯で格安電波人気

カイロ W杯で格安電波人気

2014年05月21日

 エジプトでは、衛星放送を受信するパラボラアンテナの設置業者が最近、忙しい。なぜか? ブラジルで6~7月に開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)がその理由だ。

 エジプト代表は予選で敗退しブラジル大会の出場権を獲得できなかったが、サッカーは国内で最も人気のスポーツの1つだけにW杯への関心は高い。

 試合を中継する中東の衛星放送の受信料は年300ドル(約3万600円)。一方、欧州の衛星放送は試合を無料中継し、その電波を受信するためのアンテナ設置費用はわずか200エジプトポンド(約2890円)ほど。その上、4年後のロシア大会でもアンテナの「活躍」が十分期待できる。エジプト代表の勇姿を見ることも夢じゃない。

 そんなわけで、業者にこちらの設置依頼が殺到。業者の1人ラミー・アブドラさん(38)の元にも、通常の5倍に当たる1日15台の設置依頼が舞い込んでいるという。

 「『スポーツは国境を超える』といわれるけど、衛星放送の電波も国境を超えるから、忙殺されそうだよ」。アブドラさんのうれしい悲鳴は、しばらく続きそうだ。 (中村禎一郎)

旅コラム
国内
海外