【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. ジャカルタ 本来はいいかげん?

ジャカルタ 本来はいいかげん?

2015年01月23日

 インドネシアの首都ジャカルタに、日本の飲食大手が出した第1号の牛丼店。イスラム教の戒律に従って食材を処理していることを表す「ハラル認証」の取得が宣伝文句だ。

 日本と同じ定番メニューに加え、スパイシー・マッシュルーム牛丼といった現地仕上げの味もある。海辺のショッピングモールにあり、ベランダ席では潮風を感じながら食事ができる。

 9月のオープン以来、週末にはいつも行列ができる繁盛ぶりという。女性店長のカリナさん(28)は「ハラルについて、お客さんから質問を受けることもあります。安心して食べてもらいたい」と話す。

 ジャカルタに限らず、日系の飲食店がハラル認証を取ったという話題は最近よく耳にする。需要があるから認証が必要なわけで、イスラム社会で戒律に厳格な生活をしようとする人が増えているのだろうか。

 この牛丼店を一緒に訪ねたイスラム教徒のインドネシア人ジャーナリストは牛丼とみそ汁を食べた後で「この国は本来、ハラルには厳しくなかった。いい意味で、いいかげんだったんだが…」と複雑な表情を見せた。 (大橋洋一郎)

旅コラム
国内
海外