【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル 酔うほどに醸す友好

ソウル 酔うほどに醸す友好

2015年04月14日

 ソウルの国会議員会館で3月初め「マッコリと酒の出合い」と題した交流イベントが開かれた。日韓それぞれの伝統酒であるマッコリと日本酒を飲み比べ、硬直した日韓関係を少しでも和らげようとの趣旨だった。

 主催したのは、韓国の与野党議員と在韓日本大使館。「日韓国交正常化50周年認定事業」と冠は仰々しいが、要するに名酒を一堂にそろえた試飲会だ。両国から合わせて30以上の銘柄が集まった。

 開会式では、与党代表や官僚らが次々にあいさつに立った。

 「マッコリと日本酒を混ぜて爆弾酒をつくってみて、おいしければ韓日関係は明るい」

 「酒があれば、けんかをしても仲直りできる。韓国と日本が酒をともに飲むような友人関係になることを期待している」

 いずれも、1杯引っかけてきたのかと疑いたくなるほど肩の力が抜け、気が利いていた。

 午後2時からの行事にもかかわらず、会場は居酒屋のような雰囲気。酒を通じた付き合いの大切さは日韓共通だ。

 次の取材のため、マッコリ1杯でうたげをあとに。ほおをたたく寒風で、現実に引き戻されてしまった。 (中村清)

旅コラム
国内
海外