【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. カイロ 禁じ手を使ってでも

カイロ 禁じ手を使ってでも

2015年07月09日

 どこかの国でも聞いたような問題がエジプトでも起こった。大学進学を目指す高校3年生を対象に6月に実施された全国一斉試験。試験時間中に、その問題がインターネット上に流出してしまったのだ。

 午前9時から3時間の予定で始まった試験。開始から45分後、解答とともに試験問題がネット上に掲載された。

 この試験の成績によって進学先が決まるだけに、流出は一大事だ。当局は調査を進め、3人の生徒を拘束した。3人は携帯電話を使って問題を流出させたとみられている。

 受験生は試験会場への携帯電話などの通信機器の持ち込みが禁止されている。しかし受験生に小型の通信機器を持ち込ませ、解答を教える業者がいるとのうわさも絶えない。

 経済格差の大きいエジプト。トップとされる大学に子どもを進学させ、所得の高い職業に就かせたい保護者たちは、家庭教師に多くの金銭をつぎ込む。こうした保護者らは流出に激怒。その一方、それほど豊かでない人の間では「試験は大変なんだから、仕方ないよね」との声が多く上がっているのだとか。(中村禎一郎)

旅コラム
国内
海外