【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】ミュゼふくおか「ワンダーフォト」 千先さん(滑川)一般部門大賞

【富山】ミュゼふくおか「ワンダーフォト」 千先さん(滑川)一般部門大賞

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 芸術  2018年03月05日

表彰を受ける千先あつ子さん(中)と阿蘇瑛祐君(右)=高岡市のミュゼふくおかカメラ館で表彰を受ける千先あつ子さん(中)と阿蘇瑛祐君(右)=高岡市のミュゼふくおかカメラ館で

表彰を受ける千先あつ子さん(中)と阿蘇瑛祐君(右)=高岡市のミュゼふくおかカメラ館で

66歳主婦「これからも頑張る」

 ミュゼふくおかカメラ館(高岡市)による「ワンダーフォトコンテスト」の表彰式が4日、同館であり、一般部門の大賞に滑川市高塚の主婦千先あつ子さん(66)、小中高生部門の大賞に石川県津幡町立井上小学校3年阿蘇瑛祐君(9つ)の作品が選ばれた。

 「いろどり」をテーマに両部門で全国から計320点が集まり、写真家らが審査して入賞作を決めた。

 千先さんの作品「つかめないよ~」は、夜店の人形すくいをスローシャッターで捉え、被写体のぶれを利用して水の流れと子どもの気持ちを表現。撮影歴15年余りという千先さんは「ただ驚くばかり。これからも頑張りたい」と今後への励みにしていた。

【上】一般部門の大賞に輝いた千先あつ子さんの「つかめないよ~」【下】小中高生部門で大賞に選ばれた阿蘇瑛祐君の「みずしぶきもチューリップもまぶしいぜ!」

【上】一般部門の大賞に輝いた千先あつ子さんの「つかめないよ~」【下】小中高生部門で大賞に選ばれた阿蘇瑛祐君の「みずしぶきもチューリップもまぶしいぜ!」

 阿蘇君の作品「みずしぶきもチューリップもまぶしいぜ!」は、画面いっぱいに広がる噴水の水しぶきと彩り豊かな花を組み合わせて幻想的な世界を演出している。父洋さん(56)の影響で写真を始めた阿蘇君は「チューリップに水あげしてるみたいに撮った」と笑顔を見せた。

 応募作品は4月15日まで館内で展示し、全国の愛好家が独自の視点で切り取った写真が楽しめる。コンテストは高岡の魅力や写真の楽しさを伝えようと毎年開いている。入館料一般300円、高校・大学生200円、小中学生100円。月曜休館。

 (山本拓海)

旅コラム
国内
海外