【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】紙の動物 表情豊か 砺波市美術館 サイやゾウなど展示

【富山】紙の動物 表情豊か 砺波市美術館 サイやゾウなど展示

ジャンル・エリア : 動物 | 富山 | 展示 | 芸術  2019年04月24日

紙で作ったユーモラスな動物たちが並ぶ会場=砺波市高道で

紙で作ったユーモラスな動物たちが並ぶ会場=砺波市高道で

 ペーパークラフトの動物たちが夢の世界を広げる「秋山美歩 紙の動物園」展が、砺波市美術館で開かれている。6月9日まで。

 となみチューリップフェア(22日~5月5日に同市の砺波チューリップ公園で開催、北陸中日新聞など後援)にちなむ特別展で、会場では秋山美歩さん(36)の指導で美術館員らが作った紙のチューリップ2000本も「満開」。秋山さんは兵庫県西宮市在住の紙造形作家。動物園や百貨店での作品展や、商業施設のディスプレー作品を手掛けるなど活躍している。

 作品はたばこをくわえたイグアナや眠そうなサイ、カラフルなマンドリル、段ボールの質感をうまく生かしたゾウなど。ジンベエザメなどの魚たちもいる。額装作品もあり、動物たちの生き生きとした表情が楽しめる。

 5月14、20、27日は休館。観覧料は高校生以上1000円、小中学生300円だが、フェア期間中はフェア入場券で観覧可。 (山森保)

旅コラム
国内
海外