【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】クリスマスローズ見頃 浜松・ばらの都苑

【静岡】クリスマスローズ見頃 浜松・ばらの都苑

ジャンル・エリア : まちおこし | 自然 | | 静岡  2018年03月13日

まもなく見頃を迎えるクリスマスローズ=浜松市中区花川町の「ばらの都苑」で

まもなく見頃を迎えるクリスマスローズ=浜松市中区花川町の「ばらの都苑」で

花で地域おこしを ハナモモの苗木、譲渡先募る

 花が好きだった亡き妻のために、浜松市中区花川町の天野和幸さん(77)が自宅近くに開いた私設バラ園「ばらの都苑(えん)」で、クリスマスローズの花が間もなく見頃を迎える。来月上旬にはハナモモも花を咲かせ、花々の競演が見られそうだ。園では新たに育ったハナモモの苗木を「地域おこしに役立ててほしい」と譲渡先を募ってもいる。

 約4000平方メートルのバラ園の一角に、緑がかった白や紫のクリスマスローズ約600株が鈴なりにつぼみを付け、約500株が花を咲かせている。

 今年はクリスマスローズを鑑賞するためのバスツアーが市内の旅行会社で企画されたことから、株数を昨年より100株増やしたという。園内では早速、春の訪れを感じながら散策を楽しむ姿が見られた。

 ハナモモは毎年4月に咲き、初秋にできる種を植えて苗木に育てている。これまでも公的施設や集落に無償で提供してきた。

 2012年から4年間は、県ボランティア協会に苗木を寄贈。東日本大震災で被災した岩手県の大槌町や釜石市、遠野市で計1730本が植樹された。

ハナモモの苗木を見ながら、「地域おこしに使ってくれたら」と話す天野和幸さん=浜松市中区花川町の「ばらの都苑」で

ハナモモの苗木を見ながら、「地域おこしに使ってくれたら」と話す天野和幸さん=浜松市中区花川町の「ばらの都苑」で

 譲渡できる苗木は1000本以上。天野さんは、中山間地に桃源郷をつくり、地域を活気づかせるという夢も持つ。「多くの地域や団体で使ってもらえたら」と呼び掛けている。(問)天野さん=053(436)2792(夜間のみ)

(飯田樹与)

旅コラム
国内
海外