【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】藪田のかかし 見納め 氷見 最後の展示始まる

【富山】藪田のかかし 見納め 氷見 最後の展示始まる

ジャンル・エリア : 富山 | 展示 | 文化  2018年04月23日

タモリさんやテレビクルーをモデルにした「かかし」=氷見市藪田で

タモリさんやテレビクルーをモデルにした「かかし」=氷見市藪田で

リアルさ評判に

 本物の人間と見間違える人もいるほど人の動きの特徴を捉えた「かかし」が並ぶ「リアルな藪田のかかし」が22日、氷見市藪田の市道沿いで開幕した。2012年から毎年開いてきたが、仕掛け人の体力的な事情により今回が最後の展示となる。5月13日まで。藪田児童公園で展示予定だったが、公園北の市道に会場を移した。(山本拓海)

 登場したのはロケに来た設定のタモリさんや、テニスの錦織圭選手など25体。県内で広まる100歳体操に取り組む高齢者や、柱で身長を測る兄弟など日常を感じる作品も多い。

 同市藪田の農業男性(75)がカラスよけとして11年に作り始め、翌年から展示。住民有志と協力して数を増やすと口コミなどで評判となり、昨年は県内外から3400人以上が訪れた。

 将棋をする親子のかかしを見ていた富山市の主婦(68)は「60年前に当たり前だった光景を思い出す」と懐かしがった。同市の主婦(71)は「今年で最後なのは残念だけど、管理は大変そう」と仕掛け人の気持ちをおもんぱかった。

 西田さんは「お客さんの喜びが私の喜びだった。展示は最後になるが作り方を習いたい人がいれば教えたい」と話した。

旅コラム
国内
海外