【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】ゲレンデづくり急ピッチ 高鷲、23日オープンのスキー場

【岐阜】ゲレンデづくり急ピッチ 高鷲、23日オープンのスキー場

ジャンル・エリア : スポーツ | | 岐阜  2018年11月15日

ゲレンデを整備するため連日フル稼働している人工造雪機=郡上市の「ホワイトピアたかす」で

ゲレンデを整備するため連日フル稼働している人工造雪機=郡上市の「ホワイトピアたかす」で

 郡上市高鷲町のスキー場「ホワイトピアたかす」で、23日のオープンに向けて人工雪ゲレンデの整備が急ピッチで進んでいる。

 同スキー場は地元資本の奥長良観光開発とP・I・Aネクサスが運営。変化に富んだ13コースを備え、愛知、岐阜、三重県など東海地方のスキーヤーらの人気を集めている。

 ゲレンデ整備は1カ月ほど前から始まった。オープンまでに全長1000メートル、幅10メートルのコースを造る予定で、人工造雪機が連日フル稼働している。雪の山は溶けないようにシートをかぶせて保護しており、山の頂上に向かって延びている。

 同スキー場は15日、安全祈願祭を開く。谷口美徳社長は東海北陸自動車道で進められている4車線化工事が本年度中に終わることに触れ「渋滞が解消されれば、移動時間のロスがなくなる。バスツアーを増やすなどして誘客に力を入れたい」と話している。

 (中山道雄)

旅コラム
国内
海外