【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル 具選手 今こそ伝えて

ソウル 具選手 今こそ伝えて

2020年02月05日

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場した韓国出身の具智元(グジウォン)選手。フォワードの要として初の8強進出に貢献したが、韓国ではあまり知られていない。スポーツを担当した友人の韓国紙記者でさえ、「日本代表に韓国人がいるとは知らなかった。なぜ?」と聞いてくるほどだ。

 具選手の父もかつて韓国代表でプレーした名選手。話題性は十分なはずだが、報道もほとんどされていない。日本の新聞が報じた記事を、通信社などが小さく伝えた程度だ。

 韓国はW杯に一度も出場したことがなく、実業団チームは軍隊を含めてもわずか4つ。もともとラグビーの人気が低く、関心が少ないというのが最大の理由だが、友人はこうも指摘する。

 「こういう時期だからね。人気がないスポーツだし、あえて今、報道しなくてもという雰囲気もある」。日韓関係の悪化で日本製品の不買運動も続き、読者や視聴者の反感を買いかねない報道は避けたいのだという。

 世界の縮図のような多様性に富むチームの中で、日本代表として戦う韓国選手。こういう時期だからこそ、伝える意義はあると思う。 (中村彰宏)

旅コラム
国内
海外