【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. バンコク きれいになった市場

バンコク きれいになった市場

2020年09月25日

 日中の暑さが抜けた夕方、ローカル市場に出掛けた。Tシャツや雑貨などを並べた、間口2メートルほどのブースがひしめく。周囲には、スパイシーな香りを漂わせる屋台。市場が再開して間もない週末だった。

 以前は、観光客でごった返し真っすぐ歩けないほど。それが地元の若者がほどよい数。屋台飯を食べていると「日本人?こっちで仕事してるのか?」と隣の男性。新型コロナウイルス関連の差別かと身構えたが「東京に行ったことがある。街がきれいで大好き」と笑顔に。そして「ここも、以前よりきれいになった」と満足そう。

 市場全体がウイルス対策で閉鎖され、ブースを一時的に撤去。入念な清掃が入り、再開後も消毒やマスク着用の徹底、仕切りの設置で清潔感が増したという。加えて「居心地がよくなった」とも。観光客の早急な受け入れに、あるアンケートでは消極的な声が上回っていたが、外国人旅行者からの収入割合が他国より多い事情を抱え、商売人は死活問題だ。新たな観光の姿を模索する動きもある。

 来年の今ごろは、この状況を懐かしむくらいになっていてほしい。 (岩崎健太朗)

旅コラム
国内
海外