【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル つらい冷水シャワー

ソウル つらい冷水シャワー

2020年11月05日

 ようやく夏の日差しが照り付けたのは、8月中旬。韓国では6月下旬に始まった梅雨が50日を超え、過去最長となった。

 特に8月に入ってからは記録的な大雨にも見舞われ、ソウルもほぼ毎日、雨が続いた。自宅近くの漢江も水位が上がり、河川敷の遊歩道が水没。韓国人の友人も「こんなに長く、雨が多い梅雨は経験したことがない」と驚いていた。

 洗濯物が乾かないことも困ったが、長梅雨を恨めしく思ったのが、自宅マンションのボイラー点検・修理の時期と重なったことだ。1週間、温水が完全にストップ。温かい風呂に漬かることもできず、冷水でのシャワーを強いられた。

 ソウルでも例年の8月は気温が35度を超える日も少なくない。本来の暑さなら外出後に冷たい水を浴びるのも歓迎するが、気温が上がらない中ではつらい。大雨でびしょぬれになった日はさすがに耐えられず、近所のサウナに駆け込むこともあった。

 予定より1日早くボイラーは復旧したが、梅雨が終わったのはその翌日。今回ほど梅雨明けが待ち遠しかったことはない。 (中村彰宏)

旅コラム
国内
海外