【本文】

  1. トップ
  2. 旅だより
  3. 無人島と「やんばるの森」
無人島と「やんばるの森」

無人島と「やんばるの森」 沖縄県 自然の豊かさを体感

雨模様の中、ナガンヌ島に到着。海はエメラルドグリーンだ=沖縄県渡嘉敷村で

雨模様の中、ナガンヌ島に到着。海はエメラルドグリーンだ=沖縄県渡嘉敷村で

 那覇空港に降り立つと、曇り空ながら、南国に来たという気がした。沖縄は昨年度、約1000万人の観光客を受け入れた。うち約300万人が外国人。今や世界的な観光地だ。午後、新たなリゾートとして人気上昇中の無人島、ナガンヌ島(渡嘉敷村)へ向かった。

 島は慶良間諸島に属し、那覇の沖合約15キロ、チービシ環礁に浮かぶ。南北約200メートル、東西約1.7キロと細長く、平らな島だ。那覇の泊港から専用クルーザーで出発、10分ほどで環礁の中へ入った。雨模様の鉛色の空の下でも、海の色がエメラルドグリーンに変わったことがすぐに分かった。島に上陸し、散策開始。サンゴのかけらが堆積してできた島で、白い砂浜が広がっていた。

 島にはほとんど土がない。川もない。だから赤土や泥が海に流れ込まない。海がきれいなわけだ。島の一部に鳥類やウミガメの保護区域があり、釣りや潮干狩りは禁止。それだけ自然が残されているのだろう。景観に配慮した観光客向けの小さな宿泊施設や、マリンスポーツの設備が整えられていた。

琉球舞踊を見ながら食事ができる「四つ竹」=同県那覇市で

琉球舞踊を見ながら食事ができる「四つ竹」=同県那覇市で

 夕方になると横なぐりの強い雨が降りだした。帰りはサンセットクルーズを楽しむ予定だったが、悪天候による欠航が心配されたので、予定を早めて那覇に戻ることにした。

 那覇では、琉球舞踊を見ながら沖縄料理が味わえる「四つ竹」という老舗店で夕食に。伝統的な衣装を着た踊り手が登場し、三線(さんしん)、箏(こと)、太鼓などの音に合わせ、「かぎやで風節」などの優雅な古典舞踊を披露してくれた。沖縄料理のミミガー、ラフテー、豆腐ようなどに舌鼓を打った

深い森を四輪バギーで進む体験ツアー参加者=同県名護市で

深い森を四輪バギーで進む体験ツアー参加者=同県名護市で

 2日目も雨。予定していた別の無人島はあきらめ、代わりに名護市の観光施設「どきどきヤンバルンチャー」で、4輪バギーに乗って「やんばるの森」を探検するツアーに参加した。

 バギーは初めてで、ヘルメット、専用の服、長靴を借りて運転を練習。私有地なので運転免許は必要なく、車の運転免許を持っていない私でも平地での運転は簡単で、思い通りに走らせることができて楽しかった。

 続いて、ガイドの先導でコースへ。5ヘクタール近い深い森には、1億年前に出現したとされるシダ類のヒカゲヘゴなどがうっそうと茂る。ぬかるみも悪路もバギーなら乗り越えて行ける。ゆっくりと山道を走らせると、時には枝や葉がヘルメットをかすめた。樹木は高さ10メートルほどで周囲は薄暗く、雰囲気はまるで映画で見た恐竜時代。今にもティラノサウルスが現れそう。

 途中でバギーを止めて約20分間の自然観察タイムがあり、シダ類のオオタニワタリなどの説明を受けた。安全のため、客はバギー乗車中、撮影禁止。事前にスマートフォンを預け、ガイドに撮影してもらった。

 沖縄ならではの楽しいひとときだった。沖縄は前にも来たことはあったが、今回は、知らなかった無人島や琉球舞踊にも触れて満足した。年に1000万人が訪れるわけだと納得した。

 後日、現地取材の受け入れ先からナガンヌ島の写真が送られてきた。青空だと砂浜はこんな色なのか。写真を見ながら、また行きたいと思った。

 文・写真 仲田美歩

(2019年7月5日 夕刊)

メモ

地図
専用クルーザー

専用クルーザー

◆交通
那覇空港へは東京、名古屋など各地から定期便が飛んでいる。
那覇・泊港-ナガンヌ島はマリンレジャー施設運営会社「とかしき」が専用クルーザーを運航、片道約20分で結んでいる。

◆問い合わせ
とかしき=電098(860)5860。
ナガンヌ島全体の情報は、インターネットのナガンヌ島公式サイトで。

おすすめ

ナガンヌ島のクリアカヤック

ナガンヌ島のクリアカヤック

★ナガンヌ島のクリアカヤック
船体が透明なので、海の中が見える。
運がよければ真下にウミガメが見られる。
大手旅行会社JTBによると、今のところ島では同社のみが保有。
泊港から島への往復乗船代、軽食代、クリアカヤックのレンタル代などがセットになった日帰りツアーがある。
7月は12歳以上7300円、4~11歳6300円。
JTB旅の予約センター=電(0570)023489

★香り体験
糸満市の「琉球ガラス村」で体験できる。
トップ、ミドル、ラストの3種類を選び、自分だけの香りをデザイン。
琉球ガラスのカレット入りボトルに入れる。
約1時間、3456円。電098(997)4784

★四輪バギー体験の料金
16歳以上6500円、11~15歳4500円、4~10歳は大人と同乗できる(500円)。
詳細はどきどきヤンバルンチャーのホームページで。
電0980(55)8118

自然・絶景の宿泊情報

一覧

    現在この情報はありません。

自然・絶景のツアー情報

一覧

    現在この情報はありません。

※掲載された文章および写真、住所などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。

旅コラム
国内
海外