【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】万葉線キャラ「吉久こしの」 新ポーズ記念きっぷ きょうから1000枚限定

【富山】万葉線キャラ「吉久こしの」 新ポーズ記念きっぷ きょうから1000枚限定

ジャンル・エリア : サブカルチャー | 富山 | 鉄道  2020年06月10日

万葉線の鉄道むすめ「吉久こしの」をPRする「2020きっぷ」=高岡市の万葉線本社で

万葉線の鉄道むすめ「吉久こしの」をPRする「2020きっぷ」=高岡市の万葉線本社で

 高岡、射水両市間を運行している路面電車「万葉線」は10日から、万葉線運転士のイメージキャラクターとして人気がある鉄道むすめ「吉久(よしひさ)こしの」をPRする「2020(にゃおにゃお)きっぷ」を1000枚限定で販売する。6月10日の路面電車の日を記念して企画した。(武田寛史)

 乗車券付きのきっぷの表紙は「吉久こしの」の8頭身キャラクターのイラスト。きっぷを開くと2頭身のキャラクターのイラストと紹介文が飛び出す仕組み。イラストはどちらも新しいポーズ。猫好きの設定で2020年にちなんで「2(ニ)」と「O(オー)」の組み合わせを猫の鳴き声「にゃおにゃお」の語呂合わせにした。全体的にピンクを基調にしたかわいらしいデザイン。200円乗車券の5枚セットで価格は1100円(税込み)。

 同社総務課の中瑞毅(みずき)主任は「お姉さん的な雰囲気や元気な感じが表現された新しいポージングのイラストです。今回からインターネット販売にも対応するので、新型コロナウイルス感染症が収束したら万葉線を利用してほしい」とPRする。

 路面電車の車内、万葉線本社(高岡市荻布)のほか、万葉線ホームページのインターネット販売で購入できる。

旅コラム
国内
海外