【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】かき氷 元気振る舞う 白山のイタリア料理店

【石川】かき氷 元気振る舞う 白山のイタリア料理店

ジャンル・エリア : まちおこし | グルメ | 石川  2020年07月07日

自家製のかき氷を手に「地域の人に楽しい思い出を」と話す熊谷泰子さん=白山市博労で

自家製のかき氷を手に「地域の人に楽しい思い出を」と話す熊谷泰子さん=白山市博労で

子ども、障害者向け「夏の楽しい思い出を」

 白山市博労(ばくろ)のイタリア料理店「トラットリア・オルソ」は、地域の子どもや障害者らを元気づけようと、福祉施設に出向いてかき氷を作り、プレゼントする。店で販売するかき氷の売り上げの一部を活用し、8月から地域を巡る。(都沙羅)

 新型コロナウイルスの影響で、プールや祭りなどイベントの中止が相次ぐ中、「地元の人に少しでも夏らしい楽しみを味わってもらいたい」と、同店マネジャー熊谷泰子さん(49)が企画した。

 氷は専用のマシンで削ったふわふわとした食感が特長。マシンを福祉施設に持ち寄り、目の前で作ってプレゼントする。メニューは未定だが、キウイやバナナなどのフルーツに自家製の黒蜜や練乳、シロップを組み合わせ、見た目も楽しめるレシピを考案中。アレルギーがある子どもも食べられるメニューも作る。

 同店はコロナ禍でディナーの客足が戻らない中、カフェタイムを設け、かき氷などのデザートを開発するなど工夫している。施設を回る費用は、カフェタイムのかき氷の売り上げを一部充てる。泰子さんと夫でオーナーシェフの信一さん(53)らが8月中旬から、松任地域の放課後児童クラブやこども園、障害者支援施設などを巡る。

 泰子さんは「たった一杯のかき氷でも、夏の楽しい思い出になればうれしい」と話している。

旅コラム
国内
海外