【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】地元のお菓子ごひいきに 豊橋でメーカーが企画展

【愛知】地元のお菓子ごひいきに 豊橋でメーカーが企画展

ジャンル・エリア : イベント | グルメ | 展示 | 愛知  2020年09月30日

お菓子が並ぶブース

お菓子が並ぶブース

 地元のお菓子をごひいきに-。豊橋市のこども未来館ここにこで、市内に本社や工場を構える菓子メーカーによる企画展「ここにこおかし研究所」が開かれている。10月11日まで、入場無料。

 菓子メーカーに興味を持ってもらい、普段口にするお菓子への愛着をより深めてもらう目的。市内に工場を構え「ブラックサンダー」などを販売する有楽製菓(東京都)、「まけんグミ」が人気の杉本屋製菓(豊橋市)、「ポテトフライ」が有名な東豊製菓(豊橋市)が参加している。

 商品の展示のほか、その魅力や謎、製造会社の歴史をパネルで説明。工場でのブラックサンダー詰め放題のこつや、まけんグミなどの直売店の秘密、ポテトフライのキャラクター紹介もある。企画したここにこの松本俊之さんは「新型コロナウイルスによる外出自粛で、地元や地域を見直す機会になったと思う。よりお菓子やメーカーを家族で愛してほしい」と来場を呼び掛ける。

9月末で製造が終了するお菓子の紹介も=いずれも豊橋市のこども未来館ここにこで

9月末で製造が終了するお菓子の紹介も=いずれも豊橋市のこども未来館ここにこで

 10、11日の午前10時と午後1時には、パッケージ入りの菓子を使ったオリジナルバッグづくり体験がある。定員は各日各回6人で、開始30分前に先着順で整理券を配る。材料費600円が必要。また、3、4、10、11日には、商品へのメッセージを記入すると菓子がもらえるイベントもある。

 (昆野夏子)

旅コラム
国内
海外