【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】商品相互販売で連携 魚津の果樹園とコーヒー豆店

【富山】商品相互販売で連携 魚津の果樹園とコーヒー豆店

ジャンル・エリア : 富山 | 果物 | 特産  2021年05月11日

互いの商品をアピールする左から中島義治さん、中島聡美さん、富川嘉久さん=魚津市友道の中島果樹園で

互いの商品をアピールする左から中島義治さん、中島聡美さん、富川嘉久さん=魚津市友道の中島果樹園で

 魚津市友道でリンゴ、ナシの栽培・直売と加工品販売をしている中島果樹園と同市仏又の老舗自家焙煎(ばいせん)コーヒー豆専門店「とみかわ」は、市ふるさと納税返礼品への出品が縁で、互いの商品を販売する連携を始めた。それぞれの違う客層へアピールするのが狙い。

 中島果樹園のリンゴ、ナシのドライフルーツを魚津市、入善町にあるとみかわの3店舗で、とみかわのブレンド豆2種とこの豆を使ったコーヒーを果樹園で、それぞれ販売する。

 とみかわのブレンド豆のうち、1種は2017年の植樹祭で当時の天皇、皇后両陛下(現上皇、上皇后両陛下)が召し上がり、上皇陛下がお代わりされたという逸品だ。

 中島果樹園の中島義治さん(38)の妻で直売店・カフェ担当の聡美さん(39)は「若い人が入りやすい直売所にしようと夫と努力してきた。カフェを昨年開店したのもその一環。若い客層にとみかわのコーヒーをアピールできれば」と話した。

 とみかわ社長の富川嘉久さん(75)は「創業して50年余。氷見から新潟県上越市、東京都などに3000人の顧客がいる。魚津のフルーツPRに役立てるのならうれしい」と語った。(松本芳孝)

旅コラム
国内
海外