【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】スイレン 水面彩る 県中央植物園

【富山】スイレン 水面彩る 県中央植物園

ジャンル・エリア : テーマパーク | 富山 | 自然 |   2021年06月01日

見頃を迎えているスイレンの花=富山市婦中町上轡田の県中央植物園で

見頃を迎えているスイレンの花=富山市婦中町上轡田の県中央植物園で

 県中央植物園(富山市婦中町上轡田)内の北池で、スイレンの花が見頃を迎えている。直径約10センチほどの白、赤、ピンク、黄色の鮮やかな花が水面(みなも)を鮮やかに彩っている。

 スイレンは原産地によって熱帯と温帯に分けられる。植物園のスイレンは、欧州の温帯原産で、花は早朝に咲くが、午後3時ごろには閉じてしまう。

 同じ池では、水面に葉を浮かせて生育するアサザも見頃に。約3センチの黄色の花びらが特徴だ。スイレン、アサザともに、8月末まで咲き続けるという。

 植物園の担当者は「フランスの画家、クロード・モネの作品でも有名なスイレンをぜひ実際に見てほしい。スイレンは初夏を連想させる花なので、夏の訪れを感じてもらえたら」と話している。

 開園時間は午前9時から午後5時まで(入園は午後4時半まで)。入園料は大人500円、高校生以下、70歳以上は無料。木曜休園。

 (長森謙介)

旅コラム
国内
海外