【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. マニラ 「密接」な証拠も悲し

マニラ 「密接」な証拠も悲し

2008年12月05日

 フィリピンに赴任してちょうど1年になる最後の1週間、相次いで3人の日本人が殺され、取材に追われた。いずれも別々の事件だ。この1年間にフィリピンで殺された日本人は、遺体発見も含め計10人。そのほかに未遂も3件ある。

 マニラ支局が担当するエリアには20以上の国と地域があるが、この1年間で日本人殺害事件の記事を書いたのはフィリピンだけ。一方で、日本人がフィリピン人を撃ち殺した事件もあった。

 外務省統計によると、昨年の日本人殺害事件数はフィリピンが断トツ。未遂も含め世界で19件発生したがアジアが11件、うち8件を占めるという突出ぶりだ。

 事件は広範囲に多様な形で起きており、意外な日比関係の深さに「国際化とは何か」と考え込んでしまう。危険な国だから-との結論では終わらない特別な関係がこの2国間にはある。

 (吉枝道生)

旅コラム
国内
海外