【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 中東・アフリカ
  5. トビリシ 交友に打算はご法度

トビリシ 交友に打算はご法度

2009年12月28日

 「本当はグルジアはあまり好きじゃない。早く帰りたいよ」

 先日、トビリシの英国式パブで、たまたま隣に座った米国人男性がつぶやいた。36歳、独身。石油関連会社の技術者で、トビリシに赴任して3年目だという。帰国して“婚活”に励みたいらしいが、この国に対する米国の本音と重なる気がして少々、複雑な思いがした。

 昨年八月のグルジア紛争は、グルジア現政権が親米に偏り、ロシアとの対立を深めたことが背景にある。紛争後もグルジアの親米姿勢に変わりはないが、ロシアとの「リセット」を打ち出したオバマ米政権は、グルジアとの関係に一定の距離を置き始めたようにみえる。

 自身の利益のため、米国はグルジアを「好き」なふりをしてきただけじゃないのか。その男性に意見を求めたら、「それが政治でしょ」とあっさり。政治と恋愛は別物だが、彼の婚期はきっと遅れるだろうと思った。 (酒井和人)

旅コラム
国内
海外