【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. 韓国
  5. ソウル 「君は我」 どこまで?

ソウル 「君は我」 どこまで?

2010年04月20日

 武者小路実篤の名言に「君は君 我は我なり されど仲良き」というのがある。初対面の人と名刺を交換したりすると、礼状に書いて送る。韓国国防省の知人の紹介で会った陸軍の将軍にも、この言葉を書いてメールを送った。

 2週間後、2人だけで再会し、焼酎を酌み交わした。かなり飲んだところで将軍が切り出した。「君が書いた言葉だけどな、オレは気にくわん。他人行儀に感じる」

 将軍が続けた。「君がこれからオレと兄弟のように付き合う気があるなら、君は我 我は君 そして仲良き、だろ?」

 7年ぶりに会った友人が先日、切羽詰まった声で電話してきた。「チング(友)よ! 300万円貸してくれ」。事業資金の調達が遅れているとか。突然のことで、やんわりと断った。

 相手との垣根が低くなるのはうれしいが「君は我 我は君」を実践するのは、なかなか難しい。

 (城内康伸)

旅コラム
国内
海外