【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アジア
  5. 香港 日本式は繁盛したが

香港 日本式は繁盛したが

2010年10月14日

 出張中にキャリーバッグのハンドルが壊れ、香港で買い替える羽目に。20年前に行った香港島の繁華街、銅鑼湾にある崇光香港百貨(香港そごう)に行ってみた。

 地下鉄で地上に出て驚いた。店内に入ると、エスカレーターも鈴なりの人、人、人。実演販売には黒山の人だかり。日本だとガラガラの贈答品売り場も高級食器を品定めする人でいっぱい。日本と同様、大陸からの客も多いが日本式のサービスが受けているという。

 「日曜日だから」とも思ったが、販売員の熱気もすごい。キャリーバッグの特徴を熱心に説明。「絶対こっちの方がいい」と腕をつかんで離さない。ついつい高い方のバッグを買ってしまった。

 しかし香港そごうは2000年のそごう破綻(はたん)後に売却、名前を貸しているだけ。日本では6月の全国百貨店売上高が28カ月連続の前年同月比マイナス。明暗が分かれている。(安藤淳)

旅コラム
国内
海外