【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. ワシントン Xマスツリーの「法則」 

ワシントン Xマスツリーの「法則」 

2014年04月08日

 ワシントン中心部にある自宅アパートの廊下が1月に入ってから、いつも汚れている。針葉樹の枯れた細かな葉が大量に飛散しているのだ。その後を追っていくと、ごみ捨て場にクリスマスツリーに使った本物のモミの木が何本も廃棄されていた。

 クリスマス前になると、食品スーパーなどの店頭では高さ1~2メートルの本物のモミの木を固定したツリーがずらりと売られる。価格は30ドル(約3150円)から。地元の人は「部屋の中で飾ると、すごく良いにおいが広がるんですよ」という。

 生の木を使う人が多いためか、統計によると全米で毎年平均200件以上のツリー火災が起きている。新聞には「ツリーで火事を出さないための10の法則」という特集も組まれるほどだ。(1)葉が緑でツヤツヤしたものを選びましょう(2)葉が乾燥しないように毎日水をやって(3)暖房からは1メートル以上離して。特に暖炉には近づけないで-など。

 さらにワシントンDC当局によると、1月第2週までにごみに出せば、回収したツリーを肥料などに再利用するという。これもツリーの法則か。11の法則を守って、来年こそは買ってみよう。 (斉場保伸)

旅コラム
国内
海外