【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. 米ストーズ 大学名の服やはり謎

米ストーズ 大学名の服やはり謎

2014年11月02日

 なぜ米国人は、胸に大学名が書かれた服を着るのか。長らく謎だった。娘の大学受験のため、せっせと学校訪問を続けているが、どの大学へ行っても、学校名を大書した服を着た学生ばかりが目立つ。

 米国人に理由を聞くと「共同体への帰属意識かなあ」との答えが返ってきた。コネティカット州ストーズにある大学の説明会で学生たちの話を聞いているうちに、何となく答えがみえてきた。「私はこの大学の一員であることを誇りに思います」「ここは最高の場所。あなたも仲間になろう」。学生たちは目を輝かせてそう訴える。

 多くの若者は、大学に入学して初めて家族の元を離れ、学内の寮に入る。生活のほぼ全てがそこで繰り広げられる。大学は第二の家族となり、強い帰属意識が生まれるのだろう。

 そんなことを考えながら学内を見学していて驚いた。説明会に来ている高校3年生のうち、その大学の名前が入った服を着ている生徒が何人もいる。「入りたい」という強い思いをアピールしているのか、兄や姉が在学しているのか。答えがみえた気がしたのは錯覚だった。やはり、謎だ。(吉枝道生)

旅コラム
国内
海外