【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ドイツ魔女街道を旅してみませんか?
  4. 魔女の料理(1)

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ドイツ魔女街道を旅してみませんか?海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

魔女の料理(1)

2015年1月 7日

 旅をすれば、喉も渇くし、お腹も空く。このあたりで一休みして、魔女の料理に舌鼓といきたい。魔女の料理といえば、ヴァルプルギスの夜の宴では塩なしパンや腐ったチーズが供されたと言い伝えられている。これは遠慮したい。

1魔女たちの食事.jpg

☆魔女たちの食事

 

2魔女と悪魔の祝宴.jpg

☆魔女と悪魔の祝宴

 

 ヴェアニゲローデの大通りに「ヘクセンケッセル」という名のレストランがある。ヘクセンケッセルとは毒草や蛇、蛙などを入れてぐつぐつ煮込む魔女の大釜、つまり阿鼻叫換のことをいう。容易に想像できよう。同じ通りに「ハルツブルート」(ハルツの血)というレストランもある。グループでシェアして何皿か食べれば、お腹の中はまさに魔女の大釜状態。

3ヘクセンケッセル.jpg

☆「ヘクセンケッセル」でお茶をする人たち

 

4魔女のご馳走.JPG

☆レストラン・ハルツブルートの一品「魔女のご馳走」

 

5悪魔のステーキ.JPG

☆同じく「悪魔のステーキ」

 

 デザートは、ヴェアニゲローデにあるハルツ一古いバウムクーヘンハウスにしてはどうだろう。店内ではバウムクーヘンを作っているところが見られるし、バウムクーヘンの歴史についての資料が展示されている。バウムクーヘンでお馴染みの日本の製菓会社も紹介されている。

6バウムクーヘンハウス.JPG

☆バウムクーヘンハウスはこんな建物

 

7 バウムクーヘン.jpg

☆コーヒーにバウムクーヘン

 

8 クーヘン土産.jpg

☆お土産にどう?

((2)に続く)

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

西村佑子(にしむら・ゆうこ)

うお座。早稲田大学大学院修士課程修了。
青山学院大学や成蹊大学の講師を経て、現在はモアビートプロモーションの「ドイツセミナー」講師。
これまでに「グリム童話の魔女たち」展(栃木県いしばし町グリムの館)の企画・監修やドイツ魔女街道ツアーの同行講師、
薬草専門誌に連載記事を掲載するなど、ドイツの魔女と薬草にかかわってきた。
主な著書に『グリム童話の魔女たち』(洋泉社)『ドイツ魔女街道 を旅してみませんか?』(トラベルジャーナル)、
『魔女の薬草箱』『不思議な薬草箱』(いずれも山と溪谷社)、『ドイツメルヘン街道夢街道』(郁文堂)など。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ